永住支援メニュー
フィリピン永住に関する全体の流れを順に追っていくことで、その基本情報が閲覧できます。
1.フィリピンでスローライフ! ⇒ なぜフィリピンでスローライフなのか? > フィリピン生活のメリット > 
2.特別居住退職者ビザ(SRRV)取得 ⇒ SRRV取得申請の前に > SRRV取得手続概要 > 
3.住居の決定 ⇒ 住宅取得概要
フィリピン生活準備から居住後の基本情報については、メニューバーの「フィリピン生活」をクリック
フィリピンでスローライフ!/なぜフィリピンでスローライフなのか?
■少子高齢化・年金問題

 老後は年金を貰えるのか?それはどの程度なのか?今後は大丈夫なのか?等、様々な事が論じられています。

 そこで、生活費が安く、年金を有効に活用するために海外で生活をする事に目を向ける人が年々増加しています。

 一般的に、日本人が海外生活をするのに向いている国として、ハワイ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、タイの5カ国が知られています。

 その中でも、気候的にも穏やかで暖かく、生活費の面でも年金で十分悠々とした暮らしをする事が可能なフィリピンにて、皆様に活き活きとした「第二の人生」を送って頂くお手伝いを、本財団ではさせて頂いております。
■日本人の海外生活基本三原則

 【言葉】(英語)
 【宗教】(キリスト教)
 【食物】(魚介類を中心とした食材)


 近隣のどの国よりもこれらに共通項がすべて揃っており、何よりも近くて、外国人、お年寄りを大切にする国民性とホスピタリティには居心地の良さを感じられることでしょう。


■言語

 公用語はフィリピノ語と英語です。基本的に英語が通じます。実は、アメリカ、イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人口が多い国がフィリピンなのです。

 日本ではあまり知られていませんが、日本のお隣・韓国では、オーストラリア、ニュージーランドと並び「英語留学」の国としてフィリピンは有名です。 わが国でも最初に教わるのが英語ですから、話せる話せないは別にして、一番親しみのある言語のはずです。


■宗教

 宗教については、アジアで唯一のキリスト教国であり、更に社会体制も日本と同じ民主主義国です。キリスト教は93%がカトリック教であり、日本でも今やあらゆる市町村の、津々浦々に教会がありますから、なんら違和感はありません。


■食べ物

 フィリピンの主食は米、料理は日本と同じ島国のため新鮮な魚介類を使ったものが多く、日本人に馴染みやすい料理も数多くあります。

 また和食を提供する店や、ファーストフード店も日本同様発達しており、なんら不便はありません。もちろん肉類を使った料理も多く、特にチキンは専門店が多くあり、地元の人にも高い人気があります。
フィリピンのマンゴーは絶品
フィリピンは魚介類が豊富

「フィリピン生活のメリット」に続く
「文字サイズの変更」についてはこちらから フィリピン関係リンクはこちらから 財団に関するお問い合せはこちらから
トップページ | 財団概要 | 永住支援 | 事業活動 | フィリピン生活 | 情報掲示板 | 資料室